「Dear,こげんた」が遂に本になりました!!全国の書店、オンライン書店で絶賛発売中!!


●お待たせしました。いよいよ「Dear,こげんた」が書籍化、全国発売です。一緒に宣伝してくれる仲間を募集しています。

*出版の目的
1)Dear,こげんたは、開設当時から寄付を募らずに、スタッフと管理人の自費で運営しています。印税は、こげんたちゃん基金として、今後の活動の展開の助けとして使わせて頂く予定です。

2)ネットをしていない人達にも、こげんたちゃんという猫がいたこと、そして一匹の猫のために涙して、汗を流したいた人達がいたことを伝えたい。

3)「命の尊さ」を次の世代へ伝えるためには?皆で考えていくきっかけの本にして欲しい。

4)「出来ることから始めよう」、こげんたちゃんを始めとするかわいそうな子達の現状を伝えることにより、少しでも一般の人達の意識を変えたい。

5)どうしたら、一匹でも多くの犬猫が幸せになれるか?、やはり行き着くところは一般の人々の意識の向上です。
この本が、その一端を担えたらと願っています。


*たくさんの人に知ってもらうためには?
こげんたちゃんの署名活動の時のように、皆さんのご協力が必要です。
皆さんのお友達に、署名をしてくれた方達に、どうぞ広めてください。
宜しくお願い致します。


★目指せ!!平積み!!
(改定判 8月12日)
実際に店頭で販売されだすと様子が違うことに気付きましたので、改定判です。

●皆さんのおかげで全国のいくつかの書店で平積みにされました。ところが、本というのも競争が厳しいようで、せっかく平積みになっても売り上げが今一だと棚にそして、返品となってしまうようです。
もし、貴方の街の本屋さんで見かけたら、是非お友達に薦めてくださいませ。
  
●ネットではなく本屋さんで購入してくださるようにお薦めしていましたが、蓋を開けてみると小さな本屋さんでは一冊しか入荷をしてくれなかったというご報告を受け取りました。
大型書店には在庫があるようですので、紀伊国屋、ジュンク堂、つたや、などの大型書店か、もしくはネットでお求めください。


●お店を営んでる方、又はお知り合いに置いてくれるお店等がある方、宣伝用はがき、A4チラシを用意しました。
署名をしてくださった方、まだこげんたちゃんの事件を知らない方に是非送ってください。
ご自分で印刷できる方はこちらから、お願いします。→チラシダウンロード
印刷が出来ない環境の方はこちらから郵送します。ご一報ください

●お子さんがいらっしゃる方、教育関係の方、学生の方、学校図書に推薦してください。夏休みの作文課題等にも使ってもらえると嬉しいです。

新聞社、雑誌等のマスコミに「お薦めの本」として推薦してください。

●グリーティングカードを用意しました。一度に5人のお友達に送れます。出版のお知らせの新しいカードがあります。こちら
  
●書店を営んでる方、勤務してる方、是非 ハート出版にお問い合わせください。ハート出版ホームページ
また、お知りあいに書店関係の方がいらしたら、声をかけてみてください。
 
●出版専用の掲示板を用意しました。した事、出来たことを報告しあって、案をよせ合ってください。広めるお手伝いしてくれる方、募集中です!!(掲示板に入るにはパスワードがいります、パスワード希望の方はお気軽にメールフォームに記入してください。)
すでにパスワードをお持ちの方はこちらへ

●すでにお読みになった方、レビューをお願いします
お、お手柔らかに、、

ヤフーBookレビュー Amazonレビュー
楽天Booksレビュー ESブックス
BK1 ブックレビューガイド
@nifty books 全国学校図書コンクール
ESbooks ハート出版

新しい情報です。
自然食ペットフードのお店ApricotHouseさんからの提案で、
ショップ販売も可能なことが分かりました!!
ネットショップ、レストラン、お店等をお持ちの方、
貴方のお店でこげんたちゃんの本の販売が出来ます。
是非、是非宜しくお願い致します。
お問い合わせはハート出版 こげんた係りまで


●ネットでの反響と実際の出版の売り上げとは違うようで、私も不安でいっぱいです。

皆さんの口コミの力だけが頼りです。
どうか、宜しくお願い致します。

皆の想いがついに本に!
出版社 ハート出版
著書   mimi
表紙イラスト・装丁 Miwanon
文中イラスト Miwanon,ももしまみちこ、
Yism,川崎三佳、ゆうき、
*本の内容
管理人がこげんたちゃん事件を通して接した人々、送られてきたメールなど現実の話をもとに書き上げた「それぞれのこげんた物語」
投稿エッセイからの抜粋、掲示板書き込みからの抜粋。
イラストレーターさん達によるイラスト多数挿入。
動物虐待だけでなく、保健所の現状なども、初めての方にも分かりやすく書いてあります。
帯の文
「泣いているだけでは変わらない。黙っていても変わらない。一匹の子猫のために動き出した何万の人達がいた
「虐待された子猫。その様子がネットで公開された/動物虐待に反対する人々がネットを通して立ちあがった! / 辛い現実があるのなら、明日は素敵な日が来るように、私達の手で変えていこう


第一章 An Incident
........嘘であって欲しかった......
第二章 A Miracle
........声が届いた日.............
第三章 Hope
.......虹の橋へと..............




mimiからみなさんへ
キーワードによるサーチ:

iconicon
楽天ブックス
楽天ブックスであなたの欲しい本を探そう!